ブログ詳細

2018年02月09日

最近気がついたのですが、東川口の少し郊外の住宅街の夜の外灯ですが明るくなりました。

外灯が昔の暗い蛍光灯からおそらくLEDでしょうか。明るさが3倍から5倍は明るいのではないでしょうか。

また少し前まで田畑だったところが開発分譲され、建て売りや注文などの住宅が建設されて新しく外灯がたてられています。

今まで暗い夜道だったところがいきなりコントクトレンズを落としても探せるくらい明るくなったのです。

これはびっくりするくらいの行政の進歩です。あとは毎年顔認証タイプの防犯カメラを増設してもらえばタバコの投げ捨て、ごみの不法投棄、ひったくり、盗難、車上荒らしなどの犯罪の抑止になるのではないでしょうか。

これは市会議員が力を入れたのか、市職員ががんばったのかとにかく良いことです。